車検を受けて快適なカーライフを【スムーズな出入庫のために】

車検が申し込めるところ

ミニカー

国内には、車検が申し込めるところがごまんと存在します。最も認知度が高くまた多くの人が利用しているのが民間検査場と呼ばれるところです。ここも公営検査場というところも、国土交通省から指定された検査場です。

もっと見る

割引メニューの利用

複数の自動車

割引メニューを利用すれば、車検にかかる費用を大きく下げることができます。割引メニューは大きく2つのタイプに分けることができます。うまくいけば1万円近く費用を下げられることもあります。

もっと見る

まずは基本情報を

黄色い自動車

車検は道路運送車両法で定められている検査の1種です。車を所持している以上、定期的に検査を受けなければならないという義務があります。車検の有効期間は、新車の場合登録から3年目、以後2年ごとと定められています。ちなみにこれは自家乗用車と軽乗用車の場合で、トラックやバスなどに関してはさらに短いスパンでの検査が義務付けられています。万が一車検満了日を過ぎた車で公道を走った場合、罰則が与えられます。現在日本では、90日間の免許停止が言い渡されるようになっています。可能な限り余裕を持って車検場に預けるようにしましょう。

車検にかかる費用は、車種によって大きく違ってきます。最も費用を安く抑えられるのは軽乗用車です。新車に近い状態であれば、全て込みで40,000円以内に抑えられるでしょう。普通乗用車は、小型、中型、大型の順番で高くなっていきます。大型の普通乗用車の場合、整備する箇所が多くなると10万円前後の費用が提示されることもあります。ただ、車検場は事前にしっかり見積もり額を算出してくれるので、軽乗用車・普通乗用車関係なく確実に見積もりはチェックしておきましょう。

車検場に関する情報は、車検場が運営している公式HPか、もしくは車検場の検索サイトから簡単に得られます。大体の相場や車検に必要なもの、費用を安くなるコツなど、様々な情報が得られます。「比較サイト」と呼ばれるサイトを利用すれば、いくつかの車検場の見積もりを内容を容易に比較することができます。いろいろなサイトを使いながら、有益な情報を楽に仕入れていきましょう。

いろいろなサイトの活用

ドア

地元にある車検場を調べる際は、車検場検索サイトを利用しましょう。地域を指定すれば、そこにある車検場のみが表示されるので、とても便利です。口コミサイトやランキングサイトなども便利です。

もっと見る